大学院留学HOME > 大学院留学の基礎知識 > 海外大学院で取得できる学位

海外大学院で取得できる学位

海外大学院で取得できる資格/学位には下記があります。

 

種類

期間*

補足

資格

Postgraduate/Graduate Certificate

6ヶ月

学位取得を伴わない大学院レベルの修業証書。多くの場合、プログラムは修士号と同じ内容になっているが、論文の提出は必須ではない。修士課程に直接入学するための資格を備えていない学生が、進学準備のために履修することが多い。

Postgraduate/Graduate Diploma

9~10ヶ月

学位

修士号
Master's degree

1~2年

講義主体の修士号Taught Master's Degrees:
MA、MSc、MBA、LLMなど
講義やセミナーを受講し、レポートの提出や試験などで規定のモジュールをとる。さらに独自の研究をもとに15,000ワード以上の学位論文を提出する。

研究修士号 Research Master's Degrees:
MPhil、MRes、MA/MS by researchなど
指導教官のアドバイスを受けながら研究を専門に行なう。修了時には30,000ワード以上の研究論文を提出する。

博士号
Doctorate

3~7年

PhD、Ed.D、DBAなど
長期間にわたって研究活動を行い、その結果を70,000ワード以上の研究論文にまとめる。論文の質も、原則として出版可能なレベルが求められる。

大学院留学の目的によって、進むべきコースは変わってきます。知識・スキルの習得が目的で、学位取得は絶対条件でないのであれば、Postgraduate/Graduate Certificate、Postgraduate/Graduate Diplomaへの留学も考えられるでしょう。大学院留学の目的をはっきりさせ、その目的に合った学校・コースを選ぶためには、大学院留学のプロであるbeoにご相談ください。

このページの上へ