Dissertationの作成は留学後に大きく役立つと考え受講

|

ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスの大学院留学準備コースを修了して、現在、ブラッドフォード大学Development Studiesに留学中の小澤一美さんの大学院留学準備コース体験談をご紹介します。


大学院留学準備コース体験談にご協力くださった小澤さん

【Q1】あなたが大学院留学準備コースを受講しようと思ったきっかけは何ですか。
英国大学院への進学保証と、Pre-Masterコースの授業、特にDissertationの作成は留学後に大きく役立つと考えたためです。

【Q2】大学院留学準備コースの「おすすめしたい点」としてはどのようなことが挙げられますか。
英国の大学院に留学するという目的を共有する仲間がいること。アカデミック英語が学べること。留学後の事前準備(先生&卒業生からの英国最新情報を得る、Dissertationを作成する)ができることです。

【Q3】大学院留学準備コースを受講したことで、力がついたな、と感じることは何ですか?

Academic Writing:
Homeworkが多く、特にDissertation5,000文字を書いた事は自信に繋がります。
Speaking:
毎日英語で話す機会が有るため、多少力がついたと感じます。

【Q4】ブリティッシュ・エデュケーション・オフィス、カレッジの大学院留学準備コースを受講した感想をお聞かせ下さい。
大学院留学準備コースは、実にタフなコースでした。学生時代は一度も徹夜などしたことがなかったのですが、大学院留学準備コースでは2度しました。また、学生時代に取った事が無いような成績も取ったものの、落胆する暇がない程、次から次に宿題がきました。多いに意義を感じたのは、Dissertation (5,000文字)の完成であり、留学後の修士コースに直接役立つと感じました。さらに、すばらしい先生方と、前途洋々たるクラスメートに会えたことは、非常に幸運でした。

About

beoカレッジで開講している大学院留学準備コースの受講生による体験談と、スタッフノートを掲載しています。

ひとつ前のブログ記事は「大学院では欠かせないアカデミックな英語を学ぶ」です。

次のブログ記事は「ブラッドフォード大学留学レポート 大学生活について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

大学院留学準備コース(準修士課程) NCUK Graduate Diploma (GD) とは

日本で唯一、beoカレッジ(東京・大阪)で開講している英国大学連盟(NCUK)主催の大学院留学準備コースです。

» 大学院留学準備コース NCUK PMP

大学院留学準備コース beo Graduate Certificate (GC) とは

beoカレッジで開講しているもうひとつの大学院留学準備コースです。1学期はIELTS対策、2学期は日本で受けられるプリセッショナル・コースとしても受講可能です。

» 大学院留学準備コース beo GC