大学院留学準備コースをやりきったことが励み

|
beoの大学院留学準備コース(GD)を受講し、 2008年9月よりマンチェスター大学のMSc Globalisation and Developmentへ留学されている遠藤理紗さんより、現地の様子を伝えるメールが届きました。


学生生活ですが、1か月経ちましたので、大分落ち着いてきました。最初は勉強の時間配分に悩みましたが、4週目で自分なりにコツが掴めてき ました。基本、毎日、図書館で勉強しています。

授業は5つ取っていますが、すべてにチュートリアルがあるので、リーディングがやはり大変で す。自分の考えをまとめる前に当日になってしまい、何も言えずに落ち込むことも多いです。ですが、最近、徐々に慣れて、自分の意見も少しずつ言えるように なってきました。大学院留学準備コース(GD)を やりきったことが励みになっていると思います。職歴がある人も多いので、引け目に感じることもありますが、新卒の柔軟性を生かして、たくさん吸収しようと 思います。

専門科目(Subject Methods)の授業は結構役に立っています。テキストなど持ってきて復習に使っています。私は Research skillsの授業があって、SPSS* など使うので、GDを受講しなかったら大変だったと思います。マンチェスターのIDPM** Economic clusterでは必修なので、GDで志望している方は、RM(Research Methods)のクラスはしっかりやっておくべきだと思います(あとは多少数学の知識が必要です)。

色々大変ではありますが、大学院に入 れたことがとても幸せなので、毎日楽しいです。

では、皆様にもよろしくお伝え下さい。
お忙しいとは思いますが、お体大事になさってくださ い。
mailrisa.jpg
遠藤理紗

*SPSS  大学院留学準備コース(GD)のResearch Methods授業で扱います。
**IDPM The Institute for Development Policy and Management


About

beoカレッジで開講している大学院留学準備コースの受講生による体験談と、スタッフノートを掲載しています。

ひとつ前のブログ記事は「ブラッドフォード大学留学レポート 大学院2年目」です。

次のブログ記事は「「80点」という高得点を取得し、Distinctionにて修士コースを修了!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

大学院留学準備コース(準修士課程) NCUK Graduate Diploma (GD) とは

日本で唯一、beoカレッジ(東京・大阪)で開講している英国大学連盟(NCUK)主催の大学院留学準備コースです。

» 大学院留学準備コース NCUK PMP

大学院留学準備コース beo Graduate Certificate (GC) とは

beoカレッジで開講しているもうひとつの大学院留学準備コースです。1学期はIELTS対策、2学期は日本で受けられるプリセッショナル・コースとしても受講可能です。

» 大学院留学準備コース beo GC