大学院留学HOME > 海外 大学院-学校情報 > イギリス 大学院

イギリス 大学院

イギリスのほとんどの大学は国立大学。政府に教育・研究水準を審査されているため、世界に誇る質の高い教育レベルを常に維持しています。また、専門性が高く、密度の濃いコース構成なので、1年間で修了することが可能(一部コース除く)。時間・経済的な観点からも大変効率的です。

オックスフォード大学 The University of Oxford

URL http://www.ox.ac.uk/

オックスフォード大学は英国最古の大学。オックスフォード市内に点在する38の独立自治カレッジと6つのホール(学生寮)から構成されており、この総称をオックスフォード大学と呼んでいます。人文科学と社会科学の分野で常に世界トップにランクしており、産業界との強いリンクも持っています。大学院生の76%が留学生で、その国籍は130カ国以上。また、チュートリアル(個人指導)が教育の中核であるきわめて珍しい大学です。特に学部課程では、担当教員1人に対して学生1~2名という少人数制。活発な意見の交換を行うことで、より個人的かつ効果的な学びが可能となります。教授陣はもちろんのこと、図書館をはじめとする学習施設やスポーツ施設も無類の質の高さを誇ります。

日本語 オックスフォード大学 The University of Oxford

ケンブリッジ大学 University of Cambridge

URL http://www.cam.ac.uk/

ケンブリッジ大学はオックスフォード大学に次ぎイギリスで2番目に歴史のある大学。古くはアイザック・ニュートン、チャールズ・ダーウィンが学んでいます。最も多くのノーベル賞受賞者を輩出している機関でもあり、その数なんと88名。内、物理学賞29名、生理学・医学賞25名、化学賞21名と、理系分野に特に強さを見せています(2011年1月現在)。複数の独立自治カレッジからなるカレッジ制をとっており、専攻を異にする学生、教授陣らとの豊富な出会いに恵まれています。

日本語 ケンブリッジ大学 University of Cambridge

体験談 ケンブリッジ大学 留学体験談

ウォーリック大学 The University of Warwick

URL http://www2.warwick.ac.uk/

ウォーリック大学は1965年の設立。新設の大学でありながら、その設立当初から質の高い教育と研究を提供しています。タイムズ紙、ガーディアン紙を始めとする英国新聞各紙の大学ランキングでは常にトップ10にランク。MBA、ビジネス、政治学のコースなどで特に高い評価を受けています。また、学生団体の活動が大変活発なことでも知られており、「One World Week」と呼ばれる学生主体の大規模国際文化イベントを毎年1週間に渡って開催しています。このイベントは世界で最も規模の大きな学生イベントで、世界120カ国から25,000人以上の参加者を動員しています。

日本語 ウォーリック大学 The University of Warwick

セント・アンドリューズ大学 University of St Andrews

URL http://www.st-andrews.ac.uk/

セント・アンドリューズ大学は、1413年に設立されたスコットランド最古の大学で、イギリス国内でもオックスフォード大学、ケンブリッジ大学に次ぐ3番目に古い歴史を持つ大学です。数々のランキングで常に高い評価を受けており、英ウィリアム王子が入学したことで、その知名度はさらに高まりました。セント・アンドリューズは人口17,000人ほどのコンパクトな町です。セント・アンドリューズ大学の教授、学生、スタッフは合わせて9,000人ほどですから、町ですれ違う3人に1人はセント・アンドリューズ大学の関係者ということになります。初めての海外生活もすぐに馴染むことができる環境です。

日本語 セント・アンドリューズ大学 University of St Andrews

UCL - ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) University of London, University College London (UCL)

URL http://www.ucl.ac.uk/

UCL - ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)は世界を牽引するトップレベルの大学です。このことは、過去の研究実績、各種ランキングはもちろんのこと、これまでに21名ものノーベル賞受賞者を輩出(2011年1月現在)していることからも明らかです。1826年設立のUCLは、ロンドン大学の中で最も長い歴史を誇ります。さらに、イギリスで初めて人種、階級、信仰に基づく入学差別を撤廃し、全ての人々に門戸を開いた高等教育機関でもあり、その自由と平等の建学の精神は今でも息づいています。UCLが日本の発展に与えた影響は計り知れず、古くは伊藤博文、夏目漱石、現代では小泉純一郎元首相などが学んでいます。

日本語 UCL - ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) University of London, University College London (UCL)

体験談 UCL - ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学) 留学体験談

ランカスター大学 Lancaster University

URL http://www.lancs.ac.uk/

ランカスター大学はリサーチに重点を置いた大学として設立され、その質の高さはイギリスで10本の指に入ります。大学は郊外にあり、英国で最も自然が美しいといわれている湖水地方はすぐそば。治安が良く物価も安いため、大変生活しやすい環境です。オックスフォード大学、ケンブリッジ大学と同様のカレッジシステムを導入しているため、英国風の学生生活を送りたい方には最適。MBA、平和学・紛争解決学、英語教授法のコースなどで特に高い評価を受けています。

日本語 ランカスター大学 Lancaster University

インペリアル・カレッジ・ロンドン Imperial College London

URL http://www3.imperial.ac.uk/

インペリアル・カレッジ・ロンドンは、1907年設立の自然科学・医学系の大学。ペニシリンを発見したアレクサンダー・フレミングをはじめ、これまでに物理、化学、生理学・医学の分野で計14名のノーベル賞受賞者を輩出しています(2011年1月現在)。世界における確固たる地位を確実なものにしており、同分野におけるトップランナーとして、政府の意志決定などにも影響を与えています。キャンパスがあるのは高級住宅街として知られるロンドン西部のサウス・ケンジントン。ロンドンの成熟した都市文化を堪能しながら留学生活を送れるはずです。

日本語 インペリアル・カレッジ・ロンドン Imperial College London

LSE - ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス(ロンドン大学) University of London, London School of Economics and Political Science (LSE)

URL http://www2.lse.ac.uk/home.aspx

LSE - ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス(ロンドン大学)は、1895年設立の社会科学系の大学。国際関係、社会政策、社会学、社会人類学、社会人類学、犯罪学を学問として確立させたのはLSEで、社会科学系のパイオニアとして世界を牽引しています。これまでに経済学、文学、平和学の分野で計17名のノーベル賞受賞者を輩出。内ノーベル経済学賞受賞者は13名を占めています(2011年1月現在)。経済学はLSEが最も誇る分野のひとつで、ジョージ・ソロスをはじめとする経済界の重鎮の多くがLSEで学んでいます。さらに、ジョン・F・ケネディをはじめとする世界各国の歴代大統領・首相をこれまでに34名輩出しており、経済、政治、行政に与えているLSEの影響は計り知れません。

日本語 LSE - ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス(ロンドン大学) University of London, London School of Economics and Political Science (LSE)

ラフバラー大学 Loughborough University

URL http://www.lboro.ac.uk/

ラフバラー大学はイギリスを代表する大学のひとつ。なかでも工学、スポーツ科学については、イギリストップレベルの研究実績を誇ります。ラフバラー大学のキャンパスは437エーカーという広さ。スポーツ施設はイギリスで最も充実しており、スポーツ関連のコースに強みがあるのも納得です。また、持続可能性(サステナビリティ)はラフバラー大学を説明する際のひとつのキーであり、同大学は炭素削減、環境資源保護のための新技術の開発に積極的に取り組んでいます。

日本語 ラフバラー大学 Loughborough University

体験談 ラフバラー大学 留学体験談

ヨーク大学 The University of York

URL http://www.york.ac.uk/

1963年に設立されたヨーク大学は、設立から50年と経たないうちにイギリストップ10大学に急成長しました。設立当初は230人だった学生数も、現在では13,000人に拡大しています。ヨーク大学は、行政や民間企業、第3セクターと共に研究を推し進めており、その研究の質は常に高い評価を受けています。さらに、豊富な研究資金の提供を受けており、その額は教授収入(授業料など)から得られる額を上回るほど。これは他大学ではほとんど例がありません。卒業生には、サンデータイムズ紙の編集長や、BBCの元会長を始めとする著名人がいます。

日本語 ヨーク大学 The University of York

体験談 ヨーク大学 留学体験談

SOAS - ロンドン大学東洋アフリカ学院 University of London, School of Oriental and African Studies (SOAS)

URL http://www.soas.ac.uk/

SOAS - ロンドン大学東洋アフリカ学院は、イギリスで唯一、アジア・中近東・アフリカの研究・教育を専門に取り扱っている大学。地域研究や言語文化研究における権威として世界的に高い評価を受けています。言語・文化、アート・文化、法・社会科学の3つの学部で構成されており、アジア・中近東・アフリカ関連の書籍を中心に120万冊以上の蔵書を抱える図書館を保有。世界的に知られた教授陣、豊富な資料に囲れ、思う存分に専門を深めることができます。大学院生の40%が留学生で、その国籍は140カ国以上。キャンパスは大英博物館や大英図書館に程近いロンドンの中心部という好立地。SOASは開発学や国際関係、歴史学などを学びたい学生に特に人気です。

日本語 SOAS - ロンドン大学東洋アフリカ学院 University of London, School of Oriental and African Studies (SOAS)

学校・コース選びのご相談はお気軽に。大学から直接入手したコースの情報、出願審査のポイントなどをもとに、的確なアドバイスを提供します。

このページの上へ