ビジネス・MBA留学フェア

MBA/ビジネスの体験レクチャー イベントレビュー

リーズ大学 ビジネススクール Leeds University Business School

担当官:Mr. Graham Caddock (MBA lecturer)
開催日:2010.11.03(水)
会場:beo東京オフィス

レクチャータイトル:"Should Companies have a Social Responsibility?"

Dr-Andrew-Simpson.jpg

レクチャーを担当していただくのはイギリス系大手会計事務所の会計士というバックグラウンドを持つMr. Graham Caddock。自身もリーズ大学のMBAを取得しており、現在は自身のビジネスを運営するかたわら、リーズ大学ビジネススクールで教鞭を取っています。
実は、Mr. Graham Caddock には、昨年もbeoでレクチャーをしていただきました。日本に来るのを毎回楽しみにしていらっしゃるそうです。

 

講師は、イベントが始まる少し前から教室にいる参加者にフレンドリーに話しかけ、和やかな雰囲気でレクチャーが始まりました。

講義テーマはCSRについてでしたが、「会社とは何か?」「会社の所有者は誰?」「利益を上げるには?」「会社を運営するのは誰?」といったシンプルな問いを投げかけ、参加者が回答するという、とてもインタラクティブなもので、みなさん、積極的に発言していました。このような「定義」をみんなで話し合うというのがとても新鮮で、楽しかったという感想もいただきました。

後半は、いよいよ本題の "Should Companies have a Social Responsibility?" という問いの回答をまたみんなで出し合いながら、Stakeholder に対する企業の責任とは?といった内容へと進みました。

シンプルな問いを投げかけるスタイルは、ビジネス的な専門知識がある方、ない方、双方に興味がわいたのではないでしょうか。参加者を巻き込み、引き込むのが上手な講師でした。beoが開催する体験レクチャーの中でも、特に「参加型」だった点で、満足度が高かったようです。まだ体験レクチャーに参加したことがない方は、ぜひぜひ参加してみてください。

ちなみに、○○大学体験レクチャー(△△分野)のようなイベントタイトルになっていますが、その大学に必ずしも志望してなくても参加できますし、その分野を専攻しなくても参加できます。つまり、単に「今の英語力を試す」という目的での参加もOKです。そのような方も割といらっしゃるのでお気軽に参加してください。

参加者の声
  • もっと聞き取れて、もっと話せれば、もっと有意義だったと思い、がんばりたいと思える講義でした。
  • イギリスの先生の授業を体験できました。Interactive なやり取りを続けて授業が進んでいき、よくorganize されていると思いました。
  • イギリスの授業の雰囲気を少し感じることができ、よかった。
  • 授業を楽しめました。その中で、自分の英語力を確認できました。
  • 今回の短い時間の中では充分でしたが、もっと詳しく知りたいと思えました。
  • 非常に interactive な授業で、とても良い刺激になりました。
  • 先生が私たちに質問を投げかけてくれるスタイルが良かったです!
  • 興味のある分野は違いますが、授業の雰囲気が体験でき、また内容も面白かったです。
  • 良い授業が体験でき、非常に良かったです。

beoでは、このように現地の大学スタッフ来日によるイベントを随時開催しています。
カウンセラーと大学スタッフは密な関係で結ばれており、コースの情報はもちろん、出願審査のポイントなどの重要情報を共有しています。

  • この大学に出願したいけど志望動機書ではどんなことを書けばいい?
  • ○○大学の審査のポイントは?
  • どの大学のどのコースなら私の学びたいことは学べる?
  • バックグラウンドがないけどどうすれば合格できる?

beoカウンセラーなら上記全てにお答えできます。お気軽に無料カウンセリング(個別相談会)でご質問ください。

カウンセラーによるMBA留学・ビジネス留学の個別相談【無料】

電話でもご予約を受け付けております
【東京】月~金 9:00~20:00 土・日・祝9:00~18:00 ※年末年始除く
【大阪】火~金 10:00~20:00 土・日・祝9:00~18:00 ※年末年始除く
地図:東京オフィス大阪オフィス
※上記窓口時間内、ご予約の上お越しください。

カウンセリング予約

>MBA出願に向けて~志望校から合格を勝ち取るヒント~

>イベントレビューINDEX