大学院留学準備コースHOME大学院留学準備コースとは

大学院留学準備コースとは

(一般的な名称としての)大学院留学準備コースとは?

海外の大学には、留学生が大学院で学ぶための準備コースが設けられている学校があります。また、英国大学連盟(NCUK) の Pre-Masters Programme (PMP) のように、特定の大学付属ではない準備コースもあります。

コース名称は教育機関やコースレベルによって「Pre-Masters Programme」「Pre-sessional Course」「Graduate Diploma」「Graduate Certificate」など様々ですが、日本では一般的に「大学院留学準備コース」「大学院進学準備コース」「大学院入学準備コース」や、単に「大学院準備コース」「準修士課程」などと訳されているようです。

これらのコースは、大学院の入学基準を満たす英語力を身につけること、また、大学院での授業に必要なアカデミック・スキルを習得することを目的に開設されています。

大学院留学準備コース(準修士課程) NCUK Pre-Masters Programme (PMP) とは?

英国大学連盟(NCUK)主催の大学院留学準備コースで、世界各国で設置・開講されています。コース修了生にはイギリスの正式教育機関より Pre-Masters Programme の資格が与えられます。

NCUK Pre-Masters Programme (PMP) は特定の大学付属の準備コースとは異なり、NCUK加盟校のいずれかの大学院への進学が保証されているのが特徴です。 日本では唯一、beoカレッジの東京校・大阪校の2箇所で受講することができます。

世界各国の NCUK Pre-Masters Programme (PMP) は、定期的に教師・授業の質を厳しく審査され、高水準の教育プログラムの提供が維持されています。 中でもbeoカレッジは、世界最高水準との評価を受けています。

大学院留学準備コース beo Graduate Certificate (GC) とは?

国内で受講できる大学院留学のための準備コースのひとつとして、2010年に新設されました。
2学期制で、1学期はIELTS対策に重点を置きつつEAP(アカデミック英語)の授業も行われます。
2学期はより実践的な授業で、海外大学院の修士課程履修に必要なアカデミック英語、スタディ・スキルを身に付けます。

このページの上へ