大学院留学準備コースHOMEコース案内:大学院留学準備コース(準修士課程) NCUK Pre-Masters Programme (PMP) > 海外の準備コースとの比較~日本で受講するメリット~

大学院留学準備コース(準修士課程) / NCUK Pre-Masters Programme (PMP)

海外の準備コースとの比較~日本で受講するメリット~

海外大学院に進学するための準備として、主に現地で準備、国内で準備の2つのプランが考えられます。

(1) 現地の準備コース(Pre-Master Course や Presessional Course)
(2) 国内にある海外教育機関認定校(日本ではbeoカレッジのみ)

それぞれにメリットがありますが、比較しながら見てみましょう。

生活環境・学ぶ環境

POINT国内で準備するメリットは、なんといっても生活環境を変えずに受講できること。
また先輩留学生によると、大学院入学レベルの英語力をもっていても、現地での出願手続きは煩雑で苦労するようです。

現地の準備コース
  • 寮・ホームステイなどに滞在。
  • さまざまな国籍の学生と一緒に履修できる。
  • 複雑・煩雑な出願手続きも全て英語で行わなければならない。
大学院留学準備コース
NCUK Pre-Masters Programme (PMP)
  • 自宅から通学。
  • 同じ目的の学生と共に情報交換しながら受講できる。
  • 出願手続きは日本人カウンセラーが日本語で対応&サポート。

授業内容

POINT「アカデミック・スキルの習得を中心とした授業」という点では、現地/国内ともに同じです。beoカレッジの大学院留学準備コースでは、「日本人特有の弱点」にフォーカスし、「海外大学院で優秀な成績を修めること」を目的としたカリキュラムが組まれています。

現地の準備コース
  • アカデミック・スキルの習得を中心とした授業。
  • 英語を母国語としない様々な国からの留学生のためのカリキュラム。
大学院留学準備コース
NCUK Pre-Masters Programme (PMP)
  • アカデミック・スキルの習得を中心とした授業。カリキュラム
  • 日本人特有の弱点を克服するためのカリキュラム。

日本人特有の弱点とは? ~リーダー講師 Colin より~

私はイギリスの大学で、様々な国からの留学生にアカデミック英語を教えていました。

個人によってももちろん得意分野・苦手分野はありますが、同じ環境で同じ教育を受けてきた中での「国籍による弱点の傾向」には違いが見られます。

日本人はまず、Critical Thinking やディベートの教育を受けていないため、批判的思考力、説得する力、表現力といった面が弱いことが特徴でしょう。また英語力の面では、英会話とは異なるアカデミック・スキル、特にアカデミックな語彙力の少なさや、引用方法などのテクニカルな問題が挙げられます。

beoカレッジの大学院留学準備コースは、このような日本人特有の弱点にフォーカスしたカリキュラムが組まれています。 大学院留学準備コース NCUK Pre-Masters Programme (PMP) のカリキュラム

期間・費用

POINT大学院留学準備コースのパートタイムクラスなら、今のお仕事やアルバイトを続けながら留学準備ができるのが大きな魅力です。フルタイムのクラスは、3月で大学を卒業する・退職するなど、3月末~8月までの5ヶ月間で集中的に留学準備し、9月には確実に留学したい方におすすめ。

  期間 費用
現地の準備コース (例)
  • Presessional Course 12週間(約3ヶ月間)
  • Pre-Master Course 36週間(約9ヶ月間)
  • 授業料に加え、現地での滞在費・生活費、ビザ延長費用が必要。
大学院留学準備コース
NCUK Pre-Masters Programme (PMP)
  • ルートB 約5ヶ月間フルタイム 
  • ルートBパートタイム 約11ヵ月間(週2日)
  • パートタイムのコースなら、収入源を維持したまま留学準備が可能。

NCUK の大学院留学準備コース(準修士課程) はこんな方におすすめ

このページの上へ