大学院留学準備コースHOMEコース案内:大学院留学準備コース(準修士課程) NCUK Pre-Masters Programme (PMP) > 留学カウンセラーによる授業体験レポート

大学院留学準備コース(準修士課程) / NCUK Pre-Masters Programme (PMP)

留学カウンセラーによる授業体験レポート

beo(ビーイーオー)の留学カウンセラーが大学院留学準備コース NCUK Pre-Masters Programme (PMP) の授業を生レポート。

第1回 アカデミック英語 (EAP): Listening

2009.01.09

IELTSなどの試験のリスニングでは、リスニング中神経を尖らせて集中していないとポイントを聞き逃し、気を抜くと頭に入っておらず問題が解けなくなってしまう。そんな問題を解決するために、EAPのリスニング対策では、リスニングをただ「聞く」だけでなく、問題を解くために必要な情報をいかに正確に聞き取るか、またそのために必要なテクニックを駆使するトレーニングに加え、実際の大学院での講義の内容を吸収するのに最も大切なスキルとなるリスニング理解力とノートテーキングを実践的に教えていることを再認識しました。

授業では、リスニングに入る前の準備、リスニング中何に注意をしながら聞くことが必要か、また効果的なノートの取り方などを一つ一つ講師より丁寧に説明がありました。今回実際に使用されたリスニングは数分に及ぶ実際のイギリス大学院にて教鞭をとるスタッフのスピーチで、専門的な内容ではないにしろその難易度は高いものでした。5年間英語で講義を受けてきた私自身もかなりの集中力が求められました。

スピーチは「Cultural Differences in Academic Expectation」についてで、ニュージーランドで学士、イギリスで修士課程を修了し、スコットランドで教師をしているスピーカーが、『エッセイの書き方も国や教科によって評価のされ方が違う』、という自身の実体験を語っていました。このスピーチの内容から、実際のイギリスの大学院で求められることについて、講師がリスニングの内容から広げて詳しい説明が入りました。

授業は講師からの説明、一人一人問題に取り組む時間、そしてグループで話し合う時間とがバランスよく存在し、英語で意見を言い合う姿はイギリスでの授業そのものだと思います。このような授業を継続していると、ボキャブラリーの数も確実に増えると思いました。(受講日:2008.12.10)

カウンセラープロフィール

カウンセラー写真

中島 奈穂

留学カウンセラー

経歴

  • 1986 Rangoon Japanese School Kindergarten, Rangoon/Yangon, Burma/Myanmar
  • 1998 Exchange program in Pensacola, FL, USA
  • 2001 The American School of International Training, Seattle, WA, USA
  • 2002-2003 University of St Andrews Foundation Course, St Andrews, Scotland
  • 2003–2007 University of St Andrews School of Psychology, MA Psychology
  • 伝統と格式の高いセント・アンドリューズ大学を卒業。ウイリアム王子も同時期に通っていた名門校です。

第2回 研究方法と研究プロジェクト(Research Methods)

2009.01.30

授業内容は、Samplingに関してのプレゼンテーションでした。講師よりSamplingについて書かれている文献を渡され(A4、3ページ程度)グループごとに指定されたパラグラフを読みます。その後、席を立ち、新たなグループを構成【パラグラフが重ならないよう】し、その中で、グループメンバーに、自分が読んだパラグラフを説明するという内容でした。文献を読み(=Input)、それをプレゼンすることによってOutputするという練習です。

Samplingの文献自体は、内容が専門的なので、それを一通り読み、直ぐにまとめてプレゼンをしなければならない事は、大変だと思いました。このような内容は、現地の大学に在籍中の方々からすごく苦労している部分だとメールでよくお知らせいただいていますので、非常に重要なスキルであることは間違いありません。

スピーキングが苦手な方は、どうしても発言量が少なくなってしまいます。現地の大学では、留学生だからなかなか発言できないだろう、といった配慮は期待できないので、日本との文化の違いを理解し、準備コース在学中から積極的に取り組む姿勢の重要性を感じました。(受講日:2008.12.27)

カウンセラープロフィール

カウンセラー写真

佐々木 美和

留学カウンセラー/ブリティッシュ・カウンシル公式資格取得カウンセラー

経歴

  • The Stratford-upon-Avon School of English Studies
  • The Oxford English Centre
  • Wirral Metropolitan College
  • *Kirkham St. Michael’s Church of England Primary School
  • *Broadbent Fold Primary School
  • *Woodlands Primary School
  • *Ysgol Bryn Offa (Secondary School)

第3回 Research Method: Introduction to SPSS

2009.03.02

今回は大学院進学をお考えの皆様に、あえて英語でのレポートを掲載します。

The observed Pre-Masters Programme (PMP) session aimed at introducing the SPSS application, which is a data analysis software frequently used in Western universities for both undergraduate and postgraduate level programs. In Western universities, the SPSS software is often introduced to students completing research, projects and/or thesis work. This allows students to explore and gain experience in the use of authentic research methodologies. On the contrary, the use and access to such applications/software appears to be rare for students in Japan, especially at the undergraduate level.

Hence, the session offered through the PMP course which introduced the underlying factors of data analysis and SPSS guidelines appeared to be beneficial for students in Japan, especially when the content was instructed by a qualified teacher using level appropriate English. Such opportunities for bridging sessions may be valuable in an effort to fill the gap between Western and Japanese educational approaches, as this gap often reflects the student’s overall result/grades. Furthermore, the session observed seemed advantageous for students, as it offered ample time for students to cover necessary topics before studying abroad, where they are likely to face more difficulties understanding the topic within a limited time frame. It was observed that students who complete this session will highly likely to be equipped with the skills to effectively interpret data gathered from a variety of sources including surveys and interviews, hence, the observed PMP session clearly allows opportunities for students in Japan to prepare for their studies and enrollment at Western universities.

In comparison to tutorials offered at Western universities (often held in one to two hours blocks after having read all necessary chapters from textbooks and related journals prior to the tutorial), the PMP session had been adjusted to demand a lower work load, for the purpose of allowing students to enhance their understandings of the subject. Moreover, the fundamental purpose of the session was to offer skills in which students could learn to reflect on their graduation dissertations for the PMP course, followed by the student’s postgraduate degree dissertations through western universities.

Through various academic skills that students are introduced to, it was observed that the course also offers an opportunity for students to learn effective time management skills and material preparation methods for reports, essays, presentations and tutorial sessions. The importance of group work was also emphasized, as it is vital for individuals to work independently and or in groups to avoid unnecessary conflict and delay with peers and colleagues. Through this two to three hour course observation, it was evident that the importance of gaining skills in Japan to better prepare students for future attained degrees and further study. (受講日:2009.2.14)

カウンセラープロフィール

カウンセラー写真

吉田そらみ

留学カウンセラー/AUSコーディネーター オーストラリア認定留学カウンセラー

経歴
  • Completed 3.5 years (in overall) of Jr. school in Australia (Central State School)
  • St Anne and St James The Cathedral School (Year 8-12) (5 years) - Australia
  • [Completed a short English course in Cambridge (during Year 10 for a month)]
  • James Cook University (Australia) - BA of Psychology with research (4-years)
  • Queensland University of Technology (Australia) - Pre-Masters Programme of Counseling as part of MA of Counseling Psychology (2 years)
このページの上へ