大学院留学準備コースHOME学生の声 > 大学院留学準備コース 奨学生インタビュー

beo 10周年記念奨学金

大学院留学準備コース beo GC 奨学生インタビュー

吉成 道世さん 授与式&インタビュー

2010.04.05(月)

【奨学金の内容】
大学院留学準備コース beo Graduate Certificate (GC) 授業料全額免除

【受講期間】
2010年4月~7月

吉成さんの受講体験談ブログ

インタビュー

交換留学で痛感したアカデミック英語の必要性。IELTSのスコアが基準を満たしていても、実際自分が伝えたいことや書き表したいことが、思うようにできなかった。

大学院留学準備コース beo Graduate Certificate (GC) の奨学生に応募した理由は?

大学在学中に交換留学に行って、他の留学生はプリセッショナルに参加していたんですが、私は参加しなかったので授業が始まってからけっこう大変で・・・。アカデミック英語のコースをとったことがなかったので、きちんと勉強して英語の正確さを身に付けたり、ボキャブラリーを増やしたりしたかったというのがあります。

9ヶ月間の交換留学でかなり英語の力がついたのではないかと思いますが、まだ足りないと感じていますか?

もともとの英語力が低かったこともあります。交換留学にもIELTSのスコアが必要で試験を受けたんですが、運良くギリギリ、条件をクリアするスコアが取れました。それでプリセッショナルを受けなかったんですけど、IELTSのスコアが基準を満たしていても、実際自分が伝えたいことや書き表したいことが、思うようにできないことが多かったです。

さらに修士課程となると勉強ももちろん大変ですし、Dissertation を書くにも正確な英語が使えないとしっかりした論文が書けないので、アカデミック英語の準備は必要だと思いました。

今日のオリエンテーションに参加して、どうでしたか?

オリエンテーションは、良かったと思います(笑)。
日本で英語でしゃべる機会ってなかなか得られないので、先生が "English only" と言ってからは、クラスメイトともほとんど英語でコミュニケーションを取っていて、1日中英語で話す環境にいれたという点でもよかったと思います。

明日から授業が始まりますが、意気込みは?

私の中で、英語力を伸ばすには自分が話したり書いたことを「添削」してもらうのが大事だと思っているので、そういったことを自発的に先生にお願いして、細かいところでも厳しく指摘してほしいと思っています。

-吉成さん、ご協力ありがとうございました。

このページの上へ