大学院留学HOME > 知っておきたい大学院留学情報 > 大学院留学体験談 > リーズ大学で開発学を学ぶ

大学院留学体験談

リーズ大学 University of Leedsで開発学と教育 Development Studies and Educationを学び、卒業後の現在は国際機関で途上国の開発を支援している辻岡さん。リーズ大学で留学されていた頃を振り返っていただき、授業やリーズでの生活の様子について詳しくお話しをお聞きしました。

リーズ大学で開発学を学ぶ

2010/08/30 (月) | リーズ大学で開発学を学ぶ<後編>

┃留学してからご自身の英語力に悩まれることはありましたか?どのように克服されたか教えてください ディスカッションがメインの授業がほとんどですので、考えている事をうまく伝えることができないことで悩みました。クラスメートが何について話をしているのか理解できない為、参加をする事ができない。教授が何について話をしているのかがわからない事が多く、恥ずかしい思いも沢山しました。そのような事を繰り返し、クラスで理解力の高い友人に相談をして、授業の要点を教えてもらったり、なるべくネイティブの学生と予習をする時間を増やすようにしました。また、事前に教授にどのような本を中心に読むべきかなどもアドバイスをもら... more

2010/08/30 (月) | リーズ大学で開発学を学ぶ<前編>

┃リーズ大学を留学先に決めた理由を教えてください 留学先を決めるにあたっては、留学雑誌やインターネット、留学フェア、beoオフィスからの情報、ブリティッシュカウンシル資料室などを活用しました。最終的にリーズ大学に決めたのは、開発学と教育学の両方のプログラムを選択できることが大きかったです。 ┃リーズ大学の開発学コースの授業の様子について教えてください クラスメイト開発学を専攻していた私のクラスには、アフリカからの留学生や、開発の仕事に関わっている方が大変多く、授業でのディスカッションでも興味深い話を聞くことができました。政府から派遣されて来ている学生も多く、実践的な話を聞く機... more

beoの留学サポートを利用して留学された方から、留学カウンセラーのもとへ、授業の様子や寮のことなど、多くの情報が寄せられています。また留学カウンセラー自身も長期留学経験があるため、実体験からお話できることもたくさんあります。学校・コース選びや、出願について、英語の準備についてなど、お気軽にご相談下さい。

このページの上へ