大学院留学HOME > 知っておきたい大学院留学情報 > 大学院留学体験談 > リーズ大学で会議通訳を学ぶ

大学院留学体験談

レベル、人気ともに高いリーズ大学 University of Leedsの通訳・翻訳コース。入学難易度の高さで知られ、出願審査においては、基本的に入学に必要な英語条件を満たしている出願者のみが優先して審査されます。そんな難関コースの会議通訳 MA Conference Interpreting and Translation Studiesへ留学された倉田さんに、留学準備から実際の留学生活の様子まで詳しくお聞きしました。

リーズ大学で会議通訳を学ぶ

2009/01/19 (月) | リーズ大学の通訳・翻訳 ~通訳者へのキャリアチェンジ

┃留学を決めたきっかけを教えてください 日本での職業経験を通して将来自分が進みたい方向性が明確になりました。それを実現するため、語学力向上の一環として海外での生活経験が必要だと感じ、留学を決意しました。 ┃留学準備で一番困ったことは何ですか? 英語のスコアです・・・大学からオファーをもらったものの英語のスコアが基準に達していなかったため、入学はスコアを満たすことが条件でした。事前に英語コースをとることでスコアが免除されるとよく聞く話ですが、さすがに通訳・翻訳コースではそのようにはいかないようです。コース開始の1ヶ月半前に渡英した段階ではまだ条件を満たしておらず、入学できるか定かでないと... more

beoの留学サポートを利用して留学された方から、留学カウンセラーのもとへ、授業の様子や寮のことなど、多くの情報が寄せられています。また留学カウンセラー自身も長期留学経験があるため、実体験からお話できることもたくさんあります。学校・コース選びや、出願について、英語の準備についてなど、お気軽にご相談下さい。

このページの上へ