大学院留学HOME > 知っておきたい大学院留学情報 > 大学院留学体験談 > リーズ・メトロポリタン大学で国際ビジネスを学び、現地就職を実現

大学院留学体験談

大切な時間とお金をかける留学。留学後の就職を成功させることができるかどうかは留学される方にとってとても重要な問題です。今回は、リーズ・メトロポリタン大学 Leeds Metropolitan University で国際ビジネス MA International Business を学ばれ、卒業後、見事、現地就職を実現されたK.A.さんの体験談をお届けします。最終回の今回は、就職活動について詳しくお聞きします。

リーズ・メトロポリタン大学で国際ビジネスを学び、現地就職を実現

2010/05/06 (木) | イギリス大学院留学から現地就職を実現!【後編】

┃いつ頃から就職活動をスタートされましたか?卒業後の進路の方向性は留学中に定まり、大学院のセメスター2が始まる頃から具体的な活動をスタートさせました。情報収集はインターネットに頼りました。ときどき、beo時代のクラスメイトと情報交換したり、大学のインターナショナルオフィスでのワークショップに参加しました。 ┃企業に対して、どのようにご自身をアピールされましたか?大学院で学んだことが如何に活かせるかをアピールまず、大学院でのビジネスの勉強が実際のビジネスの中で如何に実践的に役立つかを説明しました。そして、大学院での研究結果が応募企業に如何に活かせるかをアピールしました。更に、大学院で各国の... more

2010/05/06 (木) | イギリス大学院留学から現地就職を実現!【中編】

┃大学生活の1年の流れについて教えてください内容がぎっしり詰まった1年 9月からセメスター1が開始です。授業は週に4日程でしたが、最初の頃は英語力がままならないのと手慣れていないのとで予習には大変時間がかかります。課題は論文の提出やプレゼンテーションがあり、時にはグループでの課題も課されます。年明けから論文を書く筆記テスト(持ち込み不可)。2月頃からセメスター2が開始。セメスター1よりも高度な内容でした。4月頃にDissertation Proposalの提出、5月にセメスター2は終了。その後テスト。9月にDissertationの提出がありました。┃授業ではどのようなことを学ばれましたか... more

2010/05/06 (木) | イギリス大学院留学から現地就職を実現!【前編】

┃留学を決意されたきっかけを教えてください日本で働いて見えてきた問題点を改善していきたい 自分が日本で仕事をしている際に、職場には色々な問題があると感じ、もっと良い方向へ改善してゆけたらと考え、経営者育成を目的としたカリキュラムを持つ大学院で経営学を学んでみたいと思いました。留学先を決めるにあたっては、beoの留学カウンセラーの方に相談することが多かったと思います。また、イギリス大学院留学フェアに参加し、大学院のパンフレットを集めて読みました。最終的にリーズ・メトロポリタン大学に絞り込んんだ一番の決め手は、勉強したいコースがあったということです。そして、リーズという都市が平和で過ごし... more

beoの留学サポートを利用して留学された方から、留学カウンセラーのもとへ、授業の様子や寮のことなど、多くの情報が寄せられています。また留学カウンセラー自身も長期留学経験があるため、実体験からお話できることもたくさんあります。学校・コース選びや、出願について、英語の準備についてなど、お気軽にご相談下さい。

このページの上へ