大学院留学HOME > 知っておきたい大学院留学情報 > 大学院留学体験談 > ケント大学ブリュッセル校でヨーロッパ政治政策を学ぶ

大学院留学体験談

ケント大学 University of Kent はイギリスのカンタベリーとベルギーのブリュッセルにキャンパスを構える大学、その質の高い研究と教育は世界的に知られています。同大学でヨーロッパ政治政策 MA European Public Policy を学ばれている勝池さんに、留学準備から実際の留学生活の様子まで詳しくお聞きしました。

ケント大学ブリュッセル校でヨーロッパ政治政策を学ぶ

2009/02/13 (金) | EUの本部!ブリュッセルへの留学

┃留学を決意されたきっかけを教えてください 大学3年生の時に、イギリスのサセックス大学へ交換留学したことがきっかけです。当時は強い目的意識もなく、今まで無縁の地だった欧州を見てみたいという漠然とした理由で留学を決めました。しかし実際に留学し、イギリスでの生活や欧州旅行をしたことで、国境や固定の価値観にとらわれない欧州に魅せられることになりました。そして自分が魅力を感じた欧州社会をとりまとめるEUに強い興味を持つようになりました。帰国後は欧州に戻ることしか頭になく、イギリス滞在時に肌で感じた欧州を今度は頭で理解するために大学院でEUについて勉強したいと思いました。できればフランス語を身に... more

beoの留学サポートを利用して留学された方から、留学カウンセラーのもとへ、授業の様子や寮のことなど、多くの情報が寄せられています。また留学カウンセラー自身も長期留学経験があるため、実体験からお話できることもたくさんあります。学校・コース選びや、出願について、英語の準備についてなど、お気軽にご相談下さい。

このページの上へ