大学院留学HOME > 知っておきたい大学院留学情報 > 大学院留学体験談 > マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ

大学院留学体験談

マンチェスター大学 The University of ManchesterのThe Institute for Development Policy and Management (IDPM)は、イギリスを代表する国際開発関係の研究機関。IDPMで開発金融学 MSc Development Financeを学ばれている大西さんの現地レポートをお届けします。

マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ

2012/01/19 (木) | マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第12回(最終回) 卒業後は世界銀行に就職!

┃修士論文 提出まで 皆様ご無沙汰しております。最終回として、修士論文作成から卒業、その後の就職についてご報告させて頂きます。5月に2ndセメスターが修了し、6月から8月までは本格的に修論作成に取り組みました。基本的には個々に文献のリーディングと執筆を続けていくことになります(修論の全体プロセスで600時間を使うように言われます)。大まかな流れは、リサーチクエッション(研究課題)を軸に、1)関連する既存文献をまとめる、2)定量or定性分析手法を用いて、プライマリーorセカンダリーデータを分析・評価する、3)リサーチクエッションに対する答えを導く、といったものです。2)に関しては、プライ... more

2011/06/06 (月) | マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第11回 Second Semesterの課題提出、期末試験

┃エッセイ 5月は2nd セメスターのエッセイ提出と試験の時期です。Main Library は再度24時間開館となり、コンピュータフロアなどは早朝から大混雑していました。 5月上旬にはまずエッセイ4本(合計10,000語)を提出しなければなりませんでした。1stセメスターと同様、セメスターの半ばにはエッセイの課題が判明したので、3月上旬くらいから徐々に取りかかり始めました。1つの授業でも幅広い分野をカバーする為、エッセイも複数のテーマから各学生が関心のあるものを選んで書く、ということが多いです。一方で1~2コマでしかカバーされないテーマもあるため、授業の他に個人で多くのリーディング... more

2011/05/09 (月) | マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第10回 フィールドトリップ

4月10日から20日まで、北京へのフィールドトリップに参加しました。小グループで行く専攻もありますが、私たちの場合はクラスター全体での旅になる為、総勢70名での旅となりました。実は今年は直前になって数カ国の学生にビザが下りないということが判明し、10名ほどが参加できなかったのはとても残念でした。北京では、現地の大学教授や研究者による中国の政治・経済・金融・移民問題等に関するレクチャーが中心で、他に国連、世銀、アジア開発銀行の北京事務所を訪問して意見交換したり、経済開発地区を訪れたり、といった内容でした。 国連開発計画(UNDP),国際労働機関(ILO) 北京事務所にて アジア開発... more

2011/04/11 (月) | マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第9回 修士論文の作成準備

東日本大震災により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。 震災以降、IDPMの多くの友人たちが日本のことや日本人学生の家族ことを自分のことのように案じ、声をかけてくれて、本当にありがたい思いがしています。イギリスから、被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 ┃修士論文 大学の方は、4月の第一週で2ndセメスターが終了します。2ndセメスターの授業と並行して、修士論文のプロセスが始まりました。IDPM内でも専攻によって異なるようですが(1ヶ月ほど先行している専攻もあります)、私の属するクラスター(Development Economics and Public... more

2011/03/03 (木) | マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第8回 Second Semester

┃一週間のタイムテーブル 1月末から2ndセメスターの授業が始まりました。授業登録は1stセメスター開始時に済ませてあるのですが、希望があれば1週目に登録変更を申し出ることもできます。 私の2ndセメスターの時間割は下記の通りです。   AM   PM   10 11 14 15 16 17 月 調査スキル         火        ... more

2011/02/04 (金) | マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第7回 First Semesterの課題提出、期末試験

1月は1stセメスターのエッセイと期末試験に追われた1ヶ月でした。年明けすぐMain Libraryは1月末まで24時間開館となり、エッセイの執筆や試験勉強のために昼夜多くの学生が利用していました。 ┃エッセイ 1月上旬、まず期末エッセイの提出がやってきました。私の場合は4000語のエッセイが2本(テーマ:途上国における規制と民営化、マイクロファイナンス機関分析)と2500語のエッセイが1本(テーマ:金融自由化と開発)でした。エッセイのテーマは各科目共いくつかの選択肢から選ぶことができたため、自分の関心に最も合ったトピックを選び、理解を深めることができました。 ちなみに他大学の方も... more

2011/01/12 (水) | マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第6回 The End of the First Semester

┃卒業式 12月半ば、1年前に留学した友人の招待を受け、2009年度のIDPMの卒業式に参加させてもらいました。9月の修士論文提出後マンチェスターを離れる人が多い為、出席は半分ほどとの印象ですが、卒業生達の清々しい姿は、勉強への大きな励みになりました。 卒業式:Whitworth Hallにて 卒業式後、広場にて ┃1st セメスター終了 1st セメスターの授業は12月第2週で終わりましたが、そこから1月のエッセイ提出と期末試験に向け、忙しい毎日が待っています。履修する授業によって異なりますが、私の場合は3つのエッセイ提出と2つの期末試験の為の復習に取り組まなければならないた... more

2010/12/10 (金) | マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第5回 アコモデーション

┃住まい 私の場合は家族で渡英しましたので、単身留学生に保証される寮の確保はありませんでした。そこで、マンチェスターの大学が共同で運営する、 Manchester Student Homesというサイトを使って、大学周辺のアパート探しをし、3社のエージェントに連絡、今年2月に内覧に来てアパートを決めました。契約は大学からの オファーレターがあれば留学生でも大変スムーズです。アパート探しで最も驚いたことは、PPPW (Per Person Per Week)という考え方です。PPPWというのは値段表示なのですが、フラットシェアの文化を反映しています。マンチェスターのアパートはレンガ造り... more

2010/12/07 (火) | マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第4回 英語力、授業で必要なスキル

┃マンチェスターの様子 11月に入り、マンチェスターは寒さが一段と厳しくなり、氷点下の日も珍しくなくなってきました。下旬には雪が積もり、南国からやって来たクラスメートたちは冷たい雪に大興奮しています。 雪に包まれた近所の通り そんな中、11月半ばから町の中心部の8ヶ所で、クリスマスマーケットが開かれています。それぞれの場所に国や販売品のテーマがあり、イルミネーションに包まれながらホットワインや食事、ショッピングを楽しむことが出来ます。 市庁舎前クリスマスマーケット また、最終週には「サンタ・ダッシュ」といって、皆がサンタクロースの服を着て公園を駆け抜けるというチャリティーイベン... more

2010/11/03 (水) | マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第3回 First Semester

┃マンチェスターの様子 マンチェスターにも秋がやってきました。といっても、日によっては分厚いコートが必要なほど、朝夕は冷え込んでいます。 紅葉に包まれた大学の建物 ┃一週間のタイムテーブル 9月最終週から、本格的に授業が始まりました。1週目に様々なクラスに出席した後、最終的に登録する授業を決めることが出来ます。 私の1stセメスターの時間割は下記の様になりました。   AM   PM   9 10 11 14 15 16 17 18 月   調査スキル (Lecture)    ... more

2010/10/05 (火) | マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第2回 留学生活スタート!

┃プリセッショナル(Pre-sessional) 大学からはUnconditional Offerを受けたのですが、修士開始前にアカデミック・イングリッシュについての理解を深めたいと思い、8月後半から大学付属の語学センターで行われたPre-sessionalコースに参加しました。3週間というインテンシブコースでしたが、修士を学ぶ際に必要なスキルをリーディング・リスニング・スピーキング・ライティングに分けて網羅的に学ぶことができました。エッセイの組み立て方、クリティカル・リーディング、プレゼンの手法など、具体的な練習をしながら評価を受け、自らのスキルの改善点を知ることができました。修士課程... more

2010/08/09 (月) | マンチェスター大学IDPMで開発学を学ぶ 第1回 渡航前インタビュー

┃留学にいたるまでのご経歴を簡単に教えてください 2009年-2010年  フランス留学2004年-2009年 総合商社 貿易・ファイナンスに従事2002年-2004年 名古屋大学大学院国際開発研究科2000年-2001年 学部時代 フィリピン交換留学 ┃留学先を決めるにあたって、どのようにして情報を集めましたか? 本格的に準備を始めたのは1年半前からです。情報収集はインターネットが中心で、各大学のホームページ、RAEのレポート、ブログを含めた留学経験談などは頻繁に参照しました。また、留学フェアに参加したり、留学中の先輩から話を聞いたり、大学に直接問い合わせたりして、様々なソ... more

beoの留学サポートを利用して留学された方から、留学カウンセラーのもとへ、授業の様子や寮のことなど、多くの情報が寄せられています。また留学カウンセラー自身も長期留学経験があるため、実体験からお話できることもたくさんあります。学校・コース選びや、出願について、英語の準備についてなど、お気軽にご相談下さい。

このページの上へ