大学院留学HOME > 知っておきたい大学院留学情報 > 大学院留学体験談 > ロンドン・メトロポリタン大学で翻訳を学ぶ

大学院留学体験談

ロンドン・メトロポリタン大学 London Metropolitan Universityの翻訳コースには、Work placementという企業で翻訳業務を実際に体験できるインターンのモジュールが組み込まれており、その実践的な内容からとても人気のコースです。同コースへ留学中の大塚さんの現地レポートをお届けします。

ロンドン・メトロポリタン大学で翻訳を学ぶ

2011/07/26 (火) | ロンドン・メトロポリタン大学で翻訳を学ぶ 第8回 後期(Spring semester)授業について

こんにちは。前回レポートからだいぶ日が経っての更新となりました。お久しぶりです。Work placementモジュールを終えて、私の留学生活も残りわずか。現在は最後の課題、修士論文を執筆中です。前回の体験談では主にインターンの様子をお伝えしましたので、今回は後期のその他モジュール、そして課題について書きたいと思います。 ┃後期(Spring semester)授業について TranslationコースではWork placement moduleが必須のため、日中はインターンすることを前提に、後期はクラス型の集団授業があまりありません。ただし、必須科目3つ、選択科目1つの4のジュ... more

2011/04/12 (火) | ロンドン・メトロポリタン大学で翻訳を学ぶ 第7回 Work placement

こんにちは。東日本大震災で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。ここイギリスでも震災の様子は毎日報道されていますが、被害状況の大きさに驚くと共に、被災地の惨状には胸が痛くなります。離れた身でも何かできることはないかと思い、震災の翌週、インターン先近くのLSE大学で開催された折鶴&募金イベントに参加してきました。私の通うロンドン・メトロポリタン大学でも日々ジャパン・ソサエティのメンバーが中心となって募金活動をしています。震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、被災地の一日も早い復興を願っています。 募金と共に早く被災地に届きますように 今回の現地レポートでは主に、2... more

2011/01/28 (金) | ロンドン・メトロポリタン大学で翻訳を学ぶ 第6回 Autumn semester 総括

前回のレポートでも書きましたが、1年のMAコースも早、半分が過ぎてしまいました。この半年、授業や課題を通して学んだことを振り返ってみたいと思います。 ┃英語力・授業で必要なスキル 翻訳という特性からか、コースには留学生も多いので、授業中ディスカッションで英語力がなくて本当に困った・・・という経験は正直あまり、ありません。ですが、問題は膨大な量のリーディング課題でした。 毎回、教授の作成するモジュールノート(パワーポイントで、授業は主にこのパワポに沿って進められます)の最後に参考文献がびっしり記されています。特に、翻訳セオリーを学ぶ授業では、授業中だけですべての理論を網羅するのはも... more

2011/01/26 (水) | ロンドン・メトロポリタン大学で翻訳を学ぶ 第5回 ロンドンのクリスマス・年末

みなさん、遅くなりましたが明けましておめでとうございます。2011年、早くも1ヶ月経とうとしていますが、いかがお過ごしでしょうか?私の方は、今週月曜日にAutumn semester の課題をすべて提出し終わり、やっとほっと一息です。このfestive season、ロンドンは1年で1番華やかでした。怒涛の課題ラッシュと供に昨年末を振り返りたいと思います。 ┃12月16日 11月半ばに3つのメインモジュールのcourse work(試験課題)を提出したのも束の間、まだその結果もすべて出ないうちに、1月半ば提出期限のcourse work第2弾をさらに3つもらって冬休みに突入。それに... more

2010/12/08 (水) | ロンドン・メトロポリタン大学で翻訳を学ぶ 第4回 アコモデーション

┃寮生活の様子 ロンドン・メトロポリタン大学は寮を所有していないため、民間運営されているstudent hallに住んでいます。こちらではen-suiteと呼ばれるタイプの部屋で、1室にバスルームがついており、キッチンのみ他の学生とシェア。学生の通 う大学も様々です。私のstudent hallはハリーポッターで有名なKing's Cross駅の一つ北の駅にあり、キャンパスのあるMoorgate駅まで地下鉄で15分ほど。今年は6人でキッチンシェアをしており、フラットメイトの 国籍は、ギリシャ、イタリア、マレーシア、バングラディシュ、サウスアフリカ、そしてもちろんイギリスと様々。 ... more

2010/12/06 (月) | ロンドン・メトロポリタン大学で翻訳を学ぶ 第3回 First Semester

┃一週間のタイムテーブル 10月頭よりMAの授業が本格的に始まり、ロンドン、シティ内にあるMoorgate(ムーアゲート)キャンパスに通っています。Moorgate campusこ こMoorgateは金融機関の多く集まるオフィス街で日本企業のロンドン支店もいくつかこちらにあります。歩いていると日本人らしきアジア人を多く見か けるのもそのせいでしょうか。今期、MAの授業が入るのは主に、月曜と水曜。時々、火曜の夕方に来期、Spring termより始まるwork placement moduleの準備を兼ねたワークショップや、早くも修士論文のためのセミナーが入っています。1週間のタイ... more

2010/10/04 (月) | ロンドン・メトロポリタン大学で翻訳を学ぶ 第2回 プリセッショナル・コース

┃プリセッショナル・コースの様子 私は8月16日から約1か月のpre-sessionalを受けたのですが、特にこの時期の受講生は多く、専攻やレベルによってクラス分けがありました。私のクラスはすべてMAの学生たち。科目も、MBA、TESOL(英語教授法)、翻訳、ジャーナリズム、薬学・・など高い語学力を要求されるコースを受講する学生の集まるクラスでした。人数はクラスによって多少の差がありますが、私のクラスは15人弱。何か月も前から受講している学生が多く、クラスに入った時はすでに彼らは仲良し。でも授業の回数を重ねるうちに打ち解けて、8月最終週のバンクホリディ含む3連休には一緒にNotting... more

2010/10/04 (月) | ロンドン・メトロポリタン大学で翻訳を学ぶ 第1回 留学生活スタート!

こんにちは。2010年8月半ばより1か月のプレセッショナル英語コースを経て、ロンドン・メトロポリタン大学のMA応用翻訳コースで勉強をしている大塚といいます。これからコース終了までの1年間現地から体験レポートを書かせていただくことになりました。よろしくお願いします。 ┃ロンドン・メトロポリタン大学で翻訳を学ぶ理由 まず始めに今回の留学にいたった経緯を少しお話しすると、話は私の高校生の頃までさかのぼります。アメリカの姉妹校での語学研修に2週間参加したことがあり、(私の高校は市立で、当時アメリカとカナダの姉妹都市に提携校がいくつかありました)その時の英語を使っての異文化交流が楽しく、いつか... more

2010/07/28 (水) | beo/ロンドン・メトロポリタン大学共同奨学金受賞者インタビュー2010

┃奨学金おめでとうございます! 今の感想をお聞かせください 嬉しいの一言です! まさか自分に決まるとは思ってもいませんでした。 ┃留学を決意されたきっかけを教えてください 英語が使える部署への異動願いを出すにあたり、自分の英語力を会社に理解してもらうためにIELTSの勉強を始めました。 IELTS 講座の受講生は留学を目指している方ばかりで社会人の方が多く、会社を休職して留学したり、自分の専門性を磨こうと留学を考えている方が多くいらっしゃいました。その方々を見て触発され、自分も留学をと考えるようになりました。 もともと昔から英語が好きで留学したいという思いを持っていました。大学生... more

beoの留学サポートを利用して留学された方から、留学カウンセラーのもとへ、授業の様子や寮のことなど、多くの情報が寄せられています。また留学カウンセラー自身も長期留学経験があるため、実体験からお話できることもたくさんあります。学校・コース選びや、出願について、英語の準備についてなど、お気軽にご相談下さい。

このページの上へ